行政書士の年収UPの第一歩/ダブルライセンス

 

行政書士として、仕事の量や年収をある程度安定させたいと思ったときに
ダブルライセンス」を使おうとする人がいます。
確かにその手でかなりの年収を獲得している人がいることは事実です。
うまくやれたら、ふたつの資格の両方から収入を手に入れることも夢ではありません。

それでは、行政書士と親和性が高く、ダブルライセンスに向いていそうな資格の代表例を出してみましょう。

・社会保険労務士
クライアントのために、社会保険や人事関連の手続き等を代行したり、人事面のコンサルティングをしたりする職業です。

・司法書士
登記や供託手続きを行ったり、裁判所や法務局等に提出する特殊な書類を作成したりする職業です。

・FP(ファイナンシャル・プランナー)
クライアントのために、財務関連のアドバイスや提案を行う職業です。

・宅建(宅地建物取引士)
不動産の売買を行う場で、その契約内容の説明や書類の手続きを行う職業です。

・中小企業診断士
クライアント企業のために、経営面をはじめ多角的に現状診断・分析・改善提案等を行う職業です。

これらの資格は行政書士の持つ「官公署等に提出する書類作成を代行する」という役割と接点を持ちやすい資格ばかりです。
たとえば社会保険労務士であれば、許認可関係の業務で接点がありますし、
また「企業の設立から就業規則作成まで、一連のバックアップをする」なんてやり方が考えられるでしょう。

ポイントは、ただ両方の資格をとることばかりが目的にならないように注意することです。

ダブルライセンスで効果が出る資格ともなると受験は楽ではありません。

そのため、つい受験勉強に夢中になってしまい、ダブルライセンスでどんな仕事をするのか定まらなくなってしまうというパターンがあるのです。

せっかくダブルライセンス取得に成功しても、仕事でほとんど使わないのではもったいないですね。

ダブルライセンスを狙って年収を上げたいなら、それぞれの資格をどう使うのか、行政書士とそのもうひとつの資格をどう組み合わせるのかじっくりと考えてからにしたいものです。

合格率を最大限に高める勉強法 >> いますぐ無料モニター教材を取り寄せる

開業したらどうなるの? >> 行政書士の仕事の実態調査を見る