行政書士の年収UPの第一歩/仕事を習得するための手段

 

行政書士で開業したら、各都道府県の書士会からいろいろな説明を受けますが、その中に「仕事の獲得方法」なんてものは入っていません。

しかし行政書士の世界では、どこか先人が建てた事務所等に入って修練を積むような習慣はほとんどありません。

中には、成功している行政書士法人が人を募集することはありますが、それはかなり少ないのが現状です。

行政書士の大半は、開業後に自力で仕事を覚えていかないといけないのです。

これについては、個々人で努力していくほかはないのですが……もちろん、開業してから利用できるサービスや制度はあります。

・書士会主催の研修会係のイベント
行政書士の世界では原則、都道府県単位で「書士会」が動いています。
その書士会が所属する新人行政書士のために、研修関係のイベントを企画することはよくあります。開業当初はこれらにまめに出席して、いろいろなことを教わったほうがいいでしょう。

※研修会もピンキリであることは事実です。中には、参加したのにほとんどプラスになる話を聞けないまま終わってしまうことはあるでしょう。どんな研修会なら有益そうなのかを判断していく目も養っていきたいところです。

・実務関係の講座
大手の資格の学校では、行政書士の資格を取得した人を対象に実務に関する講座を提供することがあります。
いろいろな業務に関する実践的な内容が多く含まれていて、「参考になった」という感想を漏らす受講者は少なくありません。

※当然これもピンキリです。少なくない受講料を払うことになりますから、慎重に判断して申し込む必要があります。

合格率を最大限に高める勉強法 >> いますぐ無料モニター教材を取り寄せる

開業したらどうなるの? >> 行政書士の仕事の実態調査を見る