行政書士の試験内容

 

行政書士の試験は、下記の内容になっています。

行政書士の業務に関し必要な法令等 (出題数46題)

「憲法」、「行政法」(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、「民法」、「商法」および「基礎法学」の中から、それぞれ出題しする。

行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)

政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解。

出題形式

「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式および記述式。
「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式。
記述式は、40字程度で記述するものを出題。

※詳しくは、行政書士試験研究センターの情報をご覧ください。
http://gyosei-shiken.or.jp/shiken/index.html

ここでは、平成20年度の各試験科目の配点比率から、試験の対策を考えたいと思います。
平成20年度の法令科目7科目と一般知識の配点は以下の通りです。

  • 行政法       92点
  • 民法        76点
  • 憲法        28点
  • 地方自治法    20点
  • 会社法       16点
  • 基礎法学      8点
  • 商法         4点
  • 一般知識      56点

※満点300点(合格点180点)

配点を見てみると、行政書士試験は、「行政法」、「民法」、「一般知識」に大きくウエイトが置かれた試験であることがわかると思います。
毎年配点には多少のばらつきがありますが、この3つの科目にウエイトが置かれる傾向は、おそらく今後も変わらないでしょう。

「行政法」が克服できていないと、合格はまず期待できないのが行政書士試験なのです。
ところが行政法は、民法と比べてみても普段の生活のなかで馴染みがないですし、憲法のように高校の授業で学ぶこともほとんどありません。
そして多くの受験者は、意外とこの「行政法」を苦手としたまま受験に挑んでしまっているケースが多いのです。

資格取得を目指す前に、まずは書店での立ち読みで構いませんので、あなたがこの「行政法」に馴染めそうかどうかを調べてみてください。
本試験では、行政法はオーソドックスな出題が多いため、しっかり勉強していれば得点できます。
問題は行政法に馴染めるかどうかです。これはもちろん独立開業後も、一生ついてまわることですので、まずはその見極めから始めることをお薦めします。

また試験は300点満点で、合格点は180点(60%以上正解で合格)ですが、「法令科目が50%以上の正解かつ一般知識が40%以上の正解を満たして合計で60%以上」という合格制限もあります。

一般知識の存在が行政書士試験のハードルを高めていると一般に言われていますが、そのことについてはまた別の機会にお話ししたいと思います。

合格率を最大限に高める勉強法 >> いますぐ無料モニター教材を取り寄せる

開業したらどうなるの? >> 行政書士の仕事の実態調査を見る