行政書士の年収UPの第一歩/開業後の自己PRの手段

 

行政書士として晴れて登録を済ませたら、それからはもう立派な現役者です。
好きなように働いて、好きなように稼いで年収を増やしていって構わないのです。

もっとも、いきなり行政書士として開業しても、仕事の依頼が向こうから舞い込んでくるわけではありません。

年収の前にまず仕事を獲得する努力が、そのときに猛烈に必要になります。

まずしなければならないことは
「自分の名前・顔を売る」「自分が行政書士として開業したことを、世間に強くPRする」といったことですよね。

これにはいろいろな方法がありますし、開業後にひとりひとりがよく考えてやっていかないといけませんが、よく使われる方法を多少紹介しましょう。


・商工会や異業種交流会等のイベントに参加する

商工会は、地域に密着している組織ですね。行政書士も、事務所を構えたらその地域の周辺から仕事をとっていかないといけませんし、自分をアピールする上では商工会をはじめ地域の段第二顔を売る必要があるわけです。
異業種交流会は、さまざまな業界の人たちが集まるイベントです。費用がかかるなど、傘下にあたっていろいろとたいへんかもしれませんが、新米行政書士が名刺を交換して名前や顔を売る場としては手ごろでしょう。

※もちろん、どんな団体でも、どんなイベントでもいいというわけではありませんね。効果をよく考えてやっていくべきです。


・開業後にWebサイトを準備する

事務所のホームページやブログ、あるいはFacebook等のページはできるだけ利用していきたいところです。もちろん費用はかかりますが、不特定多数のユーザの目にとまるインターネットを使わないのは、いまどき非常にもったいないことです。

※もちろん、つくったあと放置してはいけません。ずっと更新は欠かせませんし、見に来てくれた人が、安心して問い合わせをしたくなるようにつくり上げることも大事です。

合格率を最大限に高める勉強法 >> いますぐ無料モニター教材を取り寄せる

開業したらどうなるの? >> 行政書士の仕事の実態調査を見る