行政書士は今後、電子申請が常識に

 

これからの行政書士が、できるだけ学ばないといけない知識に「電子申請」があります。

行政書士といえば、個々人が異なる専門分野をつくることができることで有名な職業です。したがって、個々の行政書士は少しずつ異なる知識を学び取る必要があるのですが、電子申請に関する限り、現在の行政書士試験合格者は習得しないと、ほぼ間違いなく大損をしかねないでしょう。

現在は、日本社会全域にインターネットシステムが流通しています。「お役所」といえば旧態依然としているイメージが根強い世界でしたが、そんなお役所仕事にも着々とネットワークの進出は進んでいます。さまざまな手続きを、パソコンやインターネットシステムで処理するのが電子申請です。

現在の行政書士は、試験問題の一部にそのような時代の潮流が反映されています。合格者であれば、全然その手の話題に疎いということはないでしょう。しかし、やはり個人的な得手不得手があることは否定できないところです。

電子申請自体は、特に難しいことだとは思えません。難しければ、そもそも世の中に普及しないはずです。窓口申請だけがすべてではない時代を生き抜くには、電子申請について深い知識を持つことが、今後の行政書士がサバイバルする上で必須条件となるでしょう。この知識をじゅうぶんに持っていないのでは、日常の仕事をこなす時間や労力が大きく変わってしまうでしょうし、依頼人の前で申請方法に疎いことがバレるようなことになると、信頼にも傷がつきかねません。

合格率を最大限に高める勉強法 >> いますぐ無料モニター教材を取り寄せる

開業したらどうなるの? >> 行政書士の仕事の実態調査を見る