士業No.1の、多様な対象業務が魅力

 

行政書士があつかうことのできる書類の数は、10,000種類を超える膨大な数にのぼり、対象となる分野も非常に幅広いことをお話ししました。
常識的に考えてみても、一人の書士さんが、そのすべてに精通できるはずなどありませんね。
そのため行政書士は、いくつかの分野を絞り込んで専門特化をすることで、自分の得意分野を持ちながらサービスを提供しているのが一般的です。

このことは、「行政書士の営業戦略」として別のページでも細説していくことですが、どれだけ専門領域の幅を広げられるかが年収額を大きく左右してしまうのが現実です。 国家資格を持つ士業であるとはいっても、希望の高額収入を手にするためには、専門分野の動向について常に勉強を続けながら、市場を開拓し続ける意欲が欠かせないのです。

ここでは、行政書士の一般的な仕事分野の手続きの内容を紹介していきます。 まずはみなさんが独立開業後に専門にしてみたい業務を、大まかにイメージしてみてください。

建設業許可関係

この手続きは、行政書士か弁護士にかぎられているため、大きな需要を期待できます。許可を取った業者は、毎年許可の更新が義務づけられているので、リピートしてくる依頼者を獲得できます。さらに公共工事の入札手続にも行政書士の仕事があるので、仕事が広がりやすい分野です。

風俗営業許可関係

キャバクラ、バー、ゲームセンター等々。風俗営業に関する許可は昔から警察の所轄で、その規制は非常にきびしいです。その許可申請は、関係法令や規制の内容に詳しい行政書士がいなくてははじまりません。繁華街などに事務所を構え、高額の収入を得ている行政書士さんも少なくないそうです。

自動車に関すること

ちょっと昔の人には、行政書士はみんなこの仕事をしていると思っている人も多いみたいですね。自動車運転免許の更新手続きなど、俗に言う「代書屋さん」の仕事です。
この分野も需要が多く、ほかにも車庫証明や、自動車登録手続きなどがあります。運送業者やタクシー業界を顧客にできると、安定が約束されると言われています。

交通事故に関すること

交通事故の保険請求などを、被害者からの要請を受けて行政書士が代行します。ケースによっては書類を書くだけではなく、行政書士が事故の現場検証なども行って損害賠償請求額を計算し、被害者をサポートすることもあります。喜ばしいことではないですが、日本の交通事故は毎年100万件近くも起こっているのです。

会社設立

都市部に事務所を構える行政書士さんにはポピュラーな仕事です。会社設立の手続きや方法、手順などを依頼者にアドバイスしながら、設立に必要な書類手続きを進めます。依頼者に気に入られると、手続きの完了後も、設立後の各種手続や変更、議事録、契約書作成などを通じ、その会社と長くお付き合いできる道が開けていきます。

外国人に関すること

日本での外国人就労者や留学生は年々増え続けています。この分野では在留資格認定証明書交付申請(俗にいう「留学ビザ」「就労ビザ」です)にはじまり、滞在を延長するための外国人登録申請や、永住許可申請や、帰化許可申請にも、行政書士のサポートが必要になります。

合格率を最大限に高める勉強法 >> いますぐ無料モニター教材を取り寄せる

開業したらどうなるの? >> 行政書士の仕事の実態調査を見る