通学・通信講座・独学の見極め方

 

行政書士の勉強方法には、「通学」、「通信講座」、「独学」の3つのスタイルがあります。
このうちどのやり方を選ぶかは、時間とお金との相談になるわけですが、どの道が合格し易いかといえば、やはり通学、通信講座ということになるでしょう。

「独学でも合格できるか?」という質問に対する答えはもちろんYESです。
独学で合格する人は毎年たくさんいます。
ただ、独学で合格した人は人一倍の苦労をしていることも事実でしょう。
通学、通信講座を活用していれば、もしかしたら1年で合格できたかもしれないのに、何年もの時間を費やして、やっと合格にたどりつけたという独学合格者は少なくないはずです。

これまでもお話ししてきた通り、行政書士試験の出題範囲は広く、全てを覚えるのはまずムリです。効率良く合格するためには、思い切って勉強範囲を絞る必要があるのですが、独学ではここが難しい点の一つです。
通学、通信では重要な点を集約して説明してくれるので、お金・時間に余裕がある人には通学、時間の余裕はないがお金に余裕がある人には通信をお勧めします。

独学では勉強範囲を絞り込みにくいということについて、極端な一例を挙げておきましょう。
それは「白書対策」です。
世の中には本当に親切な人たちがいるもので、行政書士試験に合格した先輩や、合格を目指し勉強中の人たちのなかに、白書対策の項目をサイトにずらりと並べてくださっている人たちがいます(私は、彼らは本当に親切な人たちだと思っています)。

しかし独学で行政書士の勉強を始めたばかりの人たちがそれを見て、全部覚えなければいけないのだと思い込んでしまったら、その情報量の多さに圧倒されてパニックになってしまうような気がします。
白書については、予備校や通信講座なら、これだけ頭に入れておけば大丈夫と、試験前に数枚のレジュメにして渡してくれるはずです。

資格教育のプロにつくか、先輩諸氏を頼りに独学で勉強するかの違いはやはり大きいようです。

通学か?通信か?

通学か通信講座かの差は、学習リズムを作りやすいかどうかのちがいが最も大きいでしょう。
リズムをつくりやすいのはもちろん通学です。
社会人の通学であっても、教室で友達ができることはよくあることです。
同じ目標に向かって努力をする勉強仲間ができれば、辛い勉強をやり抜き通す励みにもなることでしょう。

また通信講座は、教材や講座から届くアドバイスを除くと、学習スタイルは独学者とほぼ同様ですが、CD・DVDなど音声や映像で学べる教材は、学習リズムを作る役割も果たしてくれるようです。

個人的にですが、おすすめすできる行政書士の通信教育はこちら→フォーサイトの行政書士講座
低価格で受講者の合格率も良いです!

合格率を最大限に高める勉強法 >> いますぐ無料モニター教材を取り寄せる

開業したらどうなるの? >> 行政書士の仕事の実態調査を見る